躁鬱病の原因を知って患者を早期発見してあげること

詳しい原因

遺伝

躁鬱病の原因のひとつが遺伝にありながらも、遺伝だけが原因で疾患が発症するわけではないことが分かっています。それは双生児の比較により証明されています。一卵性双生児と二卵性双生児は、遺伝子の分け方に違いがあります。一卵性双生児は遺伝子が完全にコピーで、二卵性双生児は普通の兄弟と同じように半分だけ同じ受け継ぎをしているのですが、この両者において、躁鬱病の罹患者数にそれほどの差がないのです。一卵性双生児の方が患者数は多いのですが、確定的な差ではなく、遺伝だけでは躁鬱病が発症しないことを示しています。さらなる詳しい原因は、様々な医学者が研究・調査していますが、確定的な原因は分かっていないのが現状です。

脳にある原因

遺伝やストレス以外の有力な説として、脳内のミトコンドリアに原因があるのではないかというものがあります。ミトコンドリアとは、細胞内に複数存在する小器官で、人体が活動するためのエネルギーを生成する働きがあることで知られています。また、カルシウム濃度を調整する働きも担っており、重要な器官のひとつです。このミトコンドリアになんらかの異常が発生すると、ミトコンドリア病が発症します。ミトコンドリア病になった患者の一部が躁鬱病になったという報告があり、関連性が指摘されているのです。ミトコンドリアは1万6,000塩基対からなる独自のDNAを持っており、これの5,000塩基対が失われてカルシウム濃度の調整が上手く行えなくなり、これが躁鬱病の原因ではないかと推測されています。

躁鬱病の原因を調べてみよう

近年、ストレス社会と言われ心の病になる人が増加しています。今までも心の病はあったのでしょうが、公にはあまりされなかったり専門外来やカウンセリングなどが少なかったりで知られていませんでした。最近の増加の傾向で躁鬱病が問題化してきているのが現状です。 躁鬱病にも原因があり、躁病と鬱病が同時になってしまう病です。 人付き合いが良かったり、親しみやすく、ユーモアがある反面、激しく興奮したり、物事を苦にしたり、思い込みが激しかったり、頭の切り替えが難しい人に多く見られます。また、仕事上では、真面目で几帳面ですので、自分の評価が保たれている時は良いですが、保たれない状態になった時に発病しやすいと言われています。

病気の要因を知っておこう

躁鬱病の原因になる要因は多数あります。 例えば、親近者や友人などとの別れ、病気、事故、家庭内での問題、環境の変化、定年、仕事の過労、退職、仕事上の失敗などが挙げられます。 躁病の症状としては、ソワソワと落ち着かなくなる、原色の洋服を好み、アクセサリーなどで飾ろうとする、1日に何度も買い物に行く、よく食べる、寝ない、怒りっぽくなり喧嘩をするなどの症状が出ましたら注意が必要です。 鬱病の症状としては、気分が沈む、やる気が出ない、何をしても楽しくない、食欲の減少、増加、最悪の場合は自分の存在を否定したり、価値がないと思い込んだりしてしまいます。躁鬱病の原因に心当たりがあったり、躁鬱病かもしれないと思ったりした時は早めに病院や専門家のカウンセリングを受信する事をお勧めします。 原因を取り除く事で回復に繋がると良いです。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013