躁鬱病の原因を知って患者を早期発見してあげること


詳しい原因

躁鬱病は、しっかりした原因はわかっていませんが、遺伝がなんらかの形で関係していることは分かっています。また、脳内細胞のミトコンドリアDNAに異常があることで躁鬱病を発症する、という説もあります。

» readmore

病前性格

躁鬱病には様々な原因が考えられていますが、この病気になりやすい病前性格というのがいくつか指摘されています。普段は明るく親しみがある循環気質、思い込みが激しい執着気質などがあります。

» readmore

どう診断されるか

その人が躁鬱病であるかどうか判断するのは、特に「軽躁」の状態だと難しいですが、特に鬱状態に転じるときの落差が激しい病気ですので、見極めは可能です。また、自ら命を絶つ原因となる可能性もあります。

» readmore


病気の概要

内面の葛藤や疲弊の蓄積が病気の原因

精神疾患は、外傷や普通の病気とは違ってそもそも気付かれにくい点が特徴で、本人の性格や気分のムラだと捉えられることも多く、有効な治療が遅れてしまう危険性があります。精神疾患の中でも代表的なものは、鬱病です。鬱病はれっきとした疾患で、これに罹患すると身の周りのことをマイナスに捉えてしまうようになりますが、ただ本人がさぼっているのと状態は近いので、周りからは勘違いされることがあります。また、新型の鬱病の症状は「仕事や勉強になると鬱が発症し、そうじゃないときは普通」というただの怠けのように見えてしまう特徴があるので、特に見逃しやすくなっています。そして、新型鬱病と同じように、発見が遅れがちな精神疾患に「躁鬱病」があります。躁鬱病は、正式名称を「双極性障害」といい、何もかもをマイナスに捉えてしまう鬱状態と、気分が高揚して何でもできてしまう気になる躁状態を交互に繰り返す病気です。この病気は鬱病と似ているようで、かなり違う病気ですので、原因も異なれば治療法も異なるのですが、精神疾患だと気付いても鬱病だと勘違いされやすいので注意が必要です。確かな原因は、いまだに分かっていません。遺伝が原因のひとつだろうという説はあるのですが、それも確定的ではなく、「遺伝病」ではないので、遺伝が絡みつつも何か別の要因も関係していることだけは分かっています。また、子どもの頃の環境や、学校、職場においてストレスを受け続けると発症すると考えられていますが、具体的にどんな環境なら躁鬱病になりやすいのか、というのはハッキリしていません。

精神相談からはじめるメンタルケアをしよう

躁鬱病という病名をよく、聞く世の中になりました。鬱病というと昔から、ノイローゼの代表のようにいわれる病気です。昔の時代には、鬱病というのは、偏見の対象になることがありました。それは遺伝性が疑われたり、旧い慣習にとらわれていたからです。しかし現代では、医学の進歩から、これ等の精神病に対する偏見がなくなりました。躁鬱病の原因は、心の疲れと、疲労の蓄積になります。そのことから、精神症状と、身体の病状があることに気付かれるでしょう。まず原因としては、内面に滞る、精神の葛藤や、抵抗力の減退があります。ですから十代の思春期頃から、躁鬱病の発病が見うけられます。患者本人への偏った、責任転嫁がありますが、それは全ての原因とはいいかねます。

このような精神症状の病気は、傍目に気づきにくい特徴があります。どうしても不調のはじめに、見逃していまうと、病気が回復し辛くなります。そうなると一年、長くて五年という歳月が、全快までの期間となります。それから察すると、如何に早期の発見が功を、奏すかが分かります。そしてダメージをうけている期間で、病院の受診を拒む傾向があります。これには手遅れのうえに、決定的な致命傷になるでしょう。 まずは病気である事の認識と、治療で治るという実績が有効なのです。躁鬱病の人は、信用することを忘れてしまいます。究極には内面として、人を疑うことや、内にわだかまりを解消できない原因になります。周りのサポートで、病気を改善するために働きかけましょう。最近では精神カウンセリングなど、きっかけになる相談所が設置されます。不調が続くようなら、相談から利用されても良いでしょう。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013